チラシ印刷する際のサイズ選択で迷わないために

Pocket

チラシ印刷の際には、サイズを決める必要があります。
チラシは大判になるほど印刷費がかかります。

また、新聞折込チラシには折り込み費というものがかかりますが、折り込み費はチラシのサイズによって決まります。
チラシのサイズはおおまかにA判サイズとB判サイズに分けられます。
新聞の折り込みチラシは新聞を2つ折りにしたときに収まるようなサイズ、つまりB4判ということになります。

一般的なB5ノートを2冊並べた大きさです。
これを基準にして考えていくと分かりやすいでしょう。

B4より一段階大きいB3判サイズは、2つ折りにしたときちょうどB4判になるサイズと考えることができます。
大型店やスーパーなどの大きなセール情報を掲載する際に用いられ、見開きで表と裏を見るスタイルのチラシです。
B2判サイズは、2回折りたたむとB4判になるサイズで、ビッグセールや夏や冬など需要期に発行されるチラシに使われています。

B4判を基準として考えた場合、一回り小さいサイズのチラシがA4判です。
スーパーやホームセンターなどの商品情報を載せるには小さめですが、主に文字だけで構成された、
お知らせ用のチラシとして利用できます。
チラシのサイズを決める際には、予算と掲載したい情報量に応じて選ぶと良いでしょう。
サイズが小さいほど費用を抑えることができますが、情報量に限りが出てきますので、
もし適当なサイズが分からない場合は印刷会社に提案してもらうのも良いでしょう。